スポンサードリンク

2009年08月13日

夏バテの症状

夏バテの症状

夏も本番になると、夏バテに注意する必要があります。
夏バテ対策のためには、避暑対策をしないと、夏バテの症状を繰り返して
しまうでしょう。

夏バテをよくするためには、夏バテを予防するだけではなく、避暑対策も
同時平行で行いましょう。

夏バテになると、自律神経のバランスを崩します。
自律神経は全身に影響を及ぼしているので、心身共に調子が崩れる可能性が
あります。

夏バテの主な症状としては次のような事があります。

・全身に疲労感や倦怠感を感じます。

・身体が重く、だるく感じて動きたくありません。

・何もする気になれず、無気力感が増します。

・身体が常に熱っぽく感じます。

・食欲がなくなり、食事のバランスが崩れます。

・精神的にイライラし落ち着きがなくなります。

・足や顔などに、むくむがでます。

・栄養が偏るので、ふらつきや、立ちくらみがあります。

・水分の過剰摂取で、下痢や、便秘になることがあります。

他にもありますが、主な症状として以上です。

同じ環境でも、個人差があるので、夏バテになる人や、なりにくい人が
います。

自律神経のバランスがあまり取れていない人、身体が弱い人、胃腸の調子が
良くない人は夏バテになりやすいので、人並み以上に注意が必要です。

また、小さい子供は、自分で症状を訴えられないので、体調の変化に気を
つけてあげて下さい。

posted by 夏バテ対策 夏バテレシピ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏バテの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。